産後ダイエットのポイントは骨盤がカギになる

多くの女性が経験する妊娠出産ですが、子供を産んだ後に産後太りに悩まされているという人はとても多いです。

 

妊娠中は子供を胎内で育てているため、体は本能的にどうしても栄養を蓄えようとし、体重は増加します。それは仕方のないことですが、出産しても想像以上に体重が減らなかったという場合は努力が必要になってきます。出産を経た女性の体にあらわれる大きな変化のひとつが骨盤です。赤ちゃんを産みだすのですから、当然今までしっかりしまっていたものが出産に合わせ少しずつ緩んだり開いたりしてきます。そのまま緩んだり開いた状態のままにしておくと、内臓を支えきることができないため下がってきます。すると、代謝や排せつ機能が十分に働かないようになり、むくみやすく溜まりやすい体になってしまいます。

海03

 

また、下がって空いたスペースには脂肪がどんどんついて悪循環になるのです。それを矯正することがダイエットへの近道と言えます。矯正用のベルトをしたり、腰回りを中心としたストレッチやエクササイズを毎日続ける、場合によっては整体などに通って歪みや開きを正してもらうといったことが必要になる場合があります。矯正は産後1ヶ月から6ヶ月ほどが最も効果的ですから、この期間に頑張りましょう。

コメントは受け付けていません。